宣伝効果を上げたいのなら店頭POPにこだわる|売上UPに貢献

種類と相談先の選択

看板

看板屋には複数の種類があるため、経験豊富か、信頼できるか事前に情報を整理してから発注を行うことが重要です。自社ですべてを請け負っている業者で、注文する側が希望する看板を得意分野としているところに相談してください。

Read More

制作で注意したいこと

看板

国内外の観光客が多い千葉では、看板設置を行うことで集客力を高めることが可能です。設置許可の問題をクリアすれば、適切な業者選びを行うこととなります。より集客力の高い看板を形にするためには、実績が豊富で、提案力に優れた業者を選択することが理想的です。

Read More

今も有効な広告ツール

手紙

デジタル時代にあっても、ダイレクトメールは広告宣伝ツールとして高い効果を有しています。視認性の高さではむしろ電子メールを上回ります。専門業者に依頼すれば、手間のかかる発送作業もすべて委託することができます。

Read More

売り上げ増の頼もしい存在

チラシ

おすすめを上手に伝える

商品を並べている店舗にとって、店頭POPは欠かせない販促ツールのひとつです。単に値段を表示しているタイプもありますが、上手に使いこなしている会社は売り上げ増につなげています。店頭POPを使いこなすポイントは、商品を引き立たせるツールとして位置付けることです。たくさん設置すれば注目が集まることに間違いありませんが、商品の存在感が薄れてしまっては意味がありません。見やすさと分かりやすさも大切な部分で、商品と店頭POPの統一感を考えて設置しましょう。クリップで止めるタイプのほか、看板やのぼりタイプなど豊富な中から選択できます。また、形状やデザインだけでなく、字体や配色のように配慮するべき点はさまざまです。

情報に鮮度感を持たせる

鮮度感は生鮮食料品に必要不可欠ですが、日持ちする商品や非食品にも必要です。店頭POPを表示していても情報が古かったり汚損・破損があれば、お店や商品にマイナスなイメージが付いてしまいます。そこで計画しておきたい取り組みは、季節感を出した店頭POPの活用です。商品ごとにデザインを変えてみるのもひとつの手段ですが、テーマが定まっていれば店内で統一すると見栄えが良くなります。また、店頭POPでありがちなのが、長期間設置してその場に溶け込むことです。もし常連さんが毎日のように同じ光景を見たとしたら、インパクトが薄れて存在そのものに気が付かなくなるでしょう。定期的な位置・デザイン変更で解決できるため、計画表を作成すると作業がスムーズです。