今も有効な広告ツール|宣伝効果を上げたいのなら店頭POPにこだわる|売上UPに貢献

宣伝効果を上げたいのなら店頭POPにこだわる|売上UPに貢献

今も有効な広告ツール

手紙

貴重なアナログ媒体

ビジネスの世界におけるコミュニケーションは、今やすっかりデジタル化されています。顧客との打ち合わせやクレーム対応なども、電子メールやSMSを使って行うのが主流となっています。しかし、今なお伝統的なコミュニケーションツールが有効なケースもあります。それは、広告宣伝の分野におけるダイレクトメールの活用です。広告媒体としてのダイレクトメールも、現在ではかなりの部分が電子メールに取って代わられています。しかしそのことが逆に、企業の間でダイレクトメールの人気を押し上げるかたちになっています。その理由は、何と言っても「目立つ」ということです。1日に数十通、場合によっては百通を越える電子メールを受け取る個人や法人にあっては、広告メールなどは読まずに削除されてしまうおそれが大いにあります。しかし郵便によって届くダイレクトメールであれば、モノとしての存在感を発揮することで目を通してもらえる可能性が高まるのです。

アウトソーシングで省力化

もちろんダイレクトメールには課題もあります。その1つは、電子メールに比べて発送コストがかかることです。また、配布物の印刷や封入など、発送に至るまでの作業量の多さも、パソコン上で送信ボタンを押すだけの電子メールとは比べものになりません。しかしこうした課題は、専門業者にアウトソーシングすることでかなりの程度まで解決できます。発送量が増えるごとに1通当たりの単価は割安になり、広告効果を考えれば許容可能な範囲まで下げることが可能です。また、各社のサービス内容をよく注意して見ると、配布物の印刷も請け負っているところがあるのに気づきます。そのような業者に依頼すれば、原稿を渡すだけであとはすべての作業についてワンストップで対応してもらえます。